[PR] マンスリーマンション 女性アーティスト 2007年03月


女性アーティストのCD、DVDをリストアップ。邦楽女性アーティストショップ

2007年03月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. I Say Yeah!(DVD付) |RHYMESTER,HOME MADE 家族,マボロシ,May J. PUSHIM(03/31)
  3. ROSE ALBUM (通常盤) |Rie fu(03/31)
  4. Crystal Style |Crystal Kay(03/30)
  5. SOULS |bird(03/30)
  6. JOY |YUKI(03/30)
  7. landmark |Salyu(03/27)
  8. CHE.R.RY (初回限定盤)(DVD付) |YUI(03/26)
  9. UNION(初回限定盤)(DVD付) |Chara(03/26)
  10. LIVE A.I. |AI(03/24)
  11. Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)- |BONNIE PINK(03/24)
  12. Coco d’Or Parfait (DVD付) |Coco d’Or(03/23)
  13. Life is Like a Boat |Rie fu(03/22)
  14. pray (通常盤) |Tommy heavenly6(03/22)
  15. 24-twenty four- (初回限定盤)(DVD付) |Sowelu(03/21)
  16. MISIA SINGLE COLLECTION ~5th Anniversary (SACD-Hybrid) |MISIA(03/21)
  17. 強く儚い者たち |Cocco(03/20)
  18. 恋におちたら |Crystal Kay(03/20)
  19. WORKING GIRL |PUSHIM(03/20)
  20. Tommy february6 |Tommy February6(03/20)
  21. 音速パンチ (初回限定盤)(DVD付) |Cocco(03/19)
  22. Lovin’U |melody.(03/19)
  23. LOVE IS BUBBLE |BONNIE PINK(03/18)
  24. THE BEST - Baby Baby Baby xxx |CHARA(03/18)
  25. LOVE CONCENT(初回生産限定盤)(DVD付) |hitomi(03/18)
  26. BREATH |bird(03/18)
  27. K-POP SELECTION (CCCD)(DVD付) |BoA(03/16)
  28. ASCENSION |MISIA(03/16)
  29. never+land(DVD付) |misono(03/16)
  30. NOKKO’S SELECTION,NOKKO’S BEST |NOKKO(03/16)
  31. Anything For You (初回限定盤)(DVD付) |BONNIE PINK(03/15)
次のページ

スポンサーサイト

J-POPランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

I Say Yeah!(DVD付) |RHYMESTER,HOME MADE 家族,マボロシ,May J. PUSHIM

J-POPランキングへ

I Say Yeah!(DVD付)
RHYMESTER,HOME MADE 家族,マボロシ,May J. PUSHIM
KRE
発売日 2006-10-04
定価:¥1,500(税込)
価格:¥1,350(税込)
オススメ度:★★★★



最高峰コラボ♪ 2006-11-30
なんといっても レゲェ・ヒップホップ界のプシン・ライムスターといった豪華アーティストのコラボ!!
しかも曲も渋くクラブイベトでノリノリになれますぜ(^^)v 買いです。

PUSHIM(プシン)
本名:朴 富心(ぱく ぷしん)
1975年11月26日 生まれ
大阪府出身 O型
在日コリアン

 95年から大阪を拠点に活動を始めたPUSHIMは、97年にレゲエ・コンピレーション・アルバムに収録の「SOULFULL DANCE」(Fire BallのCHOZEN LEEとのコンビネーション)で一躍脚光を浴びる。
 そしてその年にレゲエの本場ジャマイカに渡り、ジャマイカNo.1の人気を誇るサウンド・システム“STONE LOVE”においてPUSHINの楽曲がプレイされる。これは日本人初の快挙である。
99年には12インチシングル「Dancehall Checker」にてZEEBRA、YOU THE ROCK★、TWIGYらと競演。
 そして99年6月満を持してメジャーデビューシングル「BRAND NEW DAY」をリリース。
2000年には1stアルバム「say Greeting」を、2001年には2ndアルバム「COLORS」をリリース。この1st&2ndアルバムはロングセールスを記録し、それぞれ10万枚を越えるヒットを記録する。
2002年8月には代々木第一体育館で行われたLIVEで1万人を越える動員を記録し、レゲエ・リスナーだけではないリスナーをも魅了させる。
2003年3月に3rdアルバム「Pieces」をリリース。アルバムチャート初登場でベスト10入りし、過去最大のセールスを更新。
2003年7月には、本場ジャマイカでの世界最大のレゲエ・フェス「SUN FES 2003」(デスティニーズ・チャイルドやショーン・ポールらが出演)に出演。
2004年には、最高傑作の呼び声高い4thアルバム「QUEENDOM」をリリースし、前作を上回るアルバムチャート初登場6位を記録する。

そのソウルフルな歌声は、日本国内のみならず海外からも高い評価を受けており、海外でのフェスティバルの出演や海外アーティストとの競演の経験も豊富である。
レゲエ界のみならずポップフィールでの実績も残しているPUSHINは、ジャパニーズレゲエ界最大の功労者であり、間違いなくNO.1ジャパニーズレゲエシンガーと言えるだろう。


さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサーサイト
→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

ROSE ALBUM (通常盤) |Rie fu

J-POPランキングへ

ROSE ALBUM (通常盤)ROSE ALBUM (通常盤)
Rie fu
パームビーチ
発売日 2006-03-24
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
オススメ度:★★★★★



中毒になりそうなメロディー 2007-01-03
タイトルにも書きましたが、中毒になりそうです。
曲も、詩も、声もよいです。でも、一番良い曲を挙げるとすると、decayです。
珠玉の作品じゃないでしょうか。


Rie fu(りえふぅ)
1985年1月11日 生まれ
本名:舩越りえ
東京都出身

2004年3月、1stシングル「Rie who!?」でデビュー。茶とでは53位ながら、FM局でパワープレイをさらい、徐々に人気を獲得していく。
同年9月には2ndシングル「Life Is Like A Boat]をリリースし、アニメ「BLEACH」のテーマソングに起用されたことで、ロングセールスを記録する。
2005年には1stアルバム「Rie fu」をリリース。
そして同年4月にリリースされた3rdシングル「I Wanna Go To A Place...」が「ガンダムSEED DESTINY」のエンディングテーマに使用されたことで、シングルチャート5位のヒットシングルとなる。
2006年にはシングル「Until I Say」が映画「ハイジ」の主題歌に起用される。

7~10歳までの期間をアメリカ・メリーランド州で過ごし、またロンドンへの留学もしているバイリンガルのRie fuの楽曲は、英語詩の曲も多い。
自身も認めるアメリカンポップスの影響か、その爽やかな歌声は晴れた空のような気持ちよさを漂わせている。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

Crystal Style |Crystal Kay

J-POPランキングへ

Crystal Style
Crystal Kay
ERJ
発売日 2005-03-02
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
オススメ度:★★★★★



期待どおりでした(^^) 2005-06-06
 こちらのレビューを拝見して購入を決めたのですが、本当にどの曲も良かったです。
kissが聴きたくて買ったアルバムですが、flowerが日本語のみの歌詞でとてもしっとりした素敵な曲でした。
どんな曲調の歌を歌っても、すべてハマってしまう彼女の実力は素晴らしいの一言です。

クリスタル・ケイ(Crystal Kay )
本名:Crystal Kay Williams
1986年2月26日 生まれ
横浜市出身
身長172cm O型

音楽系の両親の元に生まれたクリスタルケイは、幼少の頃からCMソングなどで歌手活動を開始している。
作品としてのデビューは1999年、シングル「Eternal Memories」で、若干13歳だった。
2001年には映画「サトラレ」の主題歌に起用された「LOST CHILD」をリリースし知名度を得る。
2002年、m-floのTakuプロデュースのシングル「Hard to say」がヒット。
同年発表された3rdアルバム「almost seventeen」もチャート2位というヒットを記録する。
2003年には、ボーカルLISAの抜けたm-floにボーカルとして参加した作品「I Like It」、そして自身の作品に逆にm-floを迎えた「REEWIND」を同時リリースし、どちらもヒットを記録する。
2005年、ドラマの主題歌にもなったシングル「恋におちたら」をリリースし、自己最高の35万枚のセールスを記録する。
2006年には有名プロデューサージャム&ルイスを迎えて製作されたシングル「Kirakuni」をリリースするとともに、そのカップリング曲「Together」はTV東京系トリノ五輪のテーマソングにも採用され話題を呼んだ。

音楽一家で育った類い希な歌唱力はもちろん、R&Bから親しみやすいPOPソングまでを歌いこなすため幅広い層から支持を得ている。
またフィーチャリングのオファーが絶えないことからも、その力量の確かさがうかがい知れる。
今後は海外でも活動も視野に入れているとされるため、今後の活躍も注目である。
さらに詳しい情報はコチラ≫




→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

SOULS |bird

J-POPランキングへ

SOULSSOULS
bird
ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 1999-03-20
価格:¥1,223(税込)
オススメ度:★★★★★



甘く甘くささやいて 2005-05-18
カップリングの“甘く甘くささやいて”はどのアルバムにも収録されていませんが、要チェックの一曲です。BEATSのプロモーションライブでも歌っていました。

bird(バード)
1975年12月9日生まれ
京都府出身

大阪のジャズクラブで歌っているところを大沢伸一(MONDO GROSSO)に認められ、1999年3月20日、ソニー・レコードより、大沢主催のレーベルRealEyesからシングル『SOULS』でデビュー。
同年7月に発売したデビューアルバム『bird』は70万枚を売り上げ、日本ゴールドディスク大賞新人賞を獲得する。
2002年3月にRealEyesレーベルから独立し、以後は作詞・作曲からプロデュースまで自身で務める、クリエイターとして独自の活動をするようになる。

小さい体ながらパワフルな歌唱力と、ジャズを下敷きにした独自のボーカルはJ-POPの中でも際立った個性を放っている。
童顔な風貌とは違い、ジャズ、ボッサ、ラテンを中心に大人びた楽曲を歌いこなすミュージシャンとして、根強い人気を誇っている。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

JOY |YUKI

J-POPランキングへ

JOYJOY
YUKI
ERJ
発売日 2005-01-19
価格:¥1,223(税込)
オススメ度:★★★★



好き。 2006-10-28
YUKIのクセのある歌い方が凄く好きです。
曲の良さとYUKIの良さがちゃんとマッチしてて
聴いててもの凄く気持ちがいいです。いつ聴いても飽きがこない。

YUKI(ユキ)
1972年2月17日 生まれ
本名:倉持 有希(くらもち ゆき)旧姓:磯谷(いそや)
北海道函館市出身 A型

1992年、恩田快人を中心に結成されたバンドJUDY AND MARYにボーカルとして参加。
1993年にシングル『POWER OF LOVE』でメジャーデビューする。
1995年にはシングル『Over Drive』でブレイクし、その後1996年シングル『そばかす』(チャート初登場1位)、『クラシック』、『散歩道』など数々のヒット曲を残したが、2001年3月8日の東京ドームライブを最後に解散した。

その後YUKIは2002年にソロとしてデビュー。シングル「the end of shite」をリリースし、チャート6位を獲得するなどソロとして順調なスタートを切る。
ソロデビュー後も、2004年シングル「ハローグッバイ」(シングルチャート6位)、2005年「JOY」(シングルチャート10位)、「ドラマチック」(シングルチャート2位)、2006年「ふがいないや」(シングルチャート6位)などヒットシングルを連発し。
アルバムも2002年ソロデビューアルバム「PRISMIC」(アルバムチャート3位)を皮切りに、2005年3rdアルバム「joy」(アルバムチャート1位)、2006年4thアルバム「Wave」(アルバムチャート1位)と軒並みヒットとなっている。

個性的なボーカルがYUKIの一番の魅力であるが、独特のファッションセンスも人気の秘訣である。特に原宿系のファッションリーダーとしてファッション誌に登場する機会も多く、女性ファンも多い。
また着飾らない個性的なキャラクターも人気の大きな要因とも言えるだろう。
また「JOY」のハウスリミックスがクラブヒットとなるなど、J-POPフィールドだけでなく様々な音楽シーンからも高い支持を得ている。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

landmark |Salyu

J-POPランキングへ

landmarklandmark
Salyu
トイズファクトリー
発売日 2005-06-15
定価:¥3,000(税込)
価格:¥2,850(税込)
オススメ度:★★★★★



スゴい! 2007-01-30
ある番組でValonを歌っていたのを聞いて一気にのめりこみました。普段はほとんどRapしか聴かないのですがSalyuには何かを引き付ける力を感じますね。

Salyu(サリュウ)
1980年10月13日 生まれ
神奈川県横浜市出身 O型

ソニーミュージックの歌手養成機関で作成した資料用のビデオがきっかけでプロデューサー小林武史の目に留まり、小林武史、岩井俊二とともに映画「リリイ・シュシュのすべて」のプロジェクトバンドLily Chou-Chouに参加する。
Lily Chou-Chouとして2枚のシングルとアルバム「呼吸」をリリース。
その「呼吸」の収録曲「回復する傷」がクエンティン・タランティーノ監督の目に留まり映画「KILL BILL Vol.1」で使用され話題を呼んだ。
2004年、RIP SLYMEのILMARIとIlmari×Salyu名義でシングル「VALON」をリリースし、同年6月、シングル「VALON-1」でSalyuとしてデビュー果たす。
2005年には1stアルバム「landmark」をリリース。
2006年には作詞に一青窈を迎えたシングル「Tower」をリリース。
また同年7月にはBank Band with Salyuとして参加した、『NEWS23』のテーマソングである「to U」が7月にリリースされ注目を集めた。
11月には映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の主題歌「プラットホーム」をリリースし、2007年に入って2ndアルバム「TERMINAL」をリリース。これが初登場2位を記録するヒットとなる。

その歌唱力は同業者や音楽業界からの評価も高いことでも知られており、今後も様々なミュージシャンとのコラボレーションも多く生まれてくるだろう。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

CHE.R.RY (初回限定盤)(DVD付) |YUI

J-POPランキングへ

CHE.R.RY (初回限定盤)(DVD付)CHE.R.RY (初回限定盤)(DVD付)
YUI
ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 2007-03-07
価格:¥1,575(税込)
オススメ度:★★★★


素敵な声 2007-03-25
大人っぽい容姿に対して、可愛い声 ギャップが素敵です。

歌い方や曲も新しくて素敵だと思います。 外国の曲を日本語にしたような曲です。

歌詞にある「キュン」など とてもやさしい気持ちになれます。

4番目の「Rolling star」は声とギターのみで YUIさんの声がよく伝わります。


YUI(ユイ)
1987年3月26日 生まれ
福岡県福岡市出身
身長155cm AB型

福岡で路上ライブを中心に活動していたYUIは、
2004年3月、ソニーミュージックグループのオーディションに応募し、約2万人の中から勝ち残り、審査員全員が最高点をつけるという高い評価を受け、デビューのきっかけを掴む。
メジャーデビューは2005年2月リリースのシングル「feel my soul」。
そして2006年には映画「タイヨウのうた」の主演に抜擢され、同映画の主題歌「Good-bye days」もリリース。これが映画のヒットと伴い、シングルチャート3位のヒットシングルとなり、一躍全国区のアーティストとなる。
続いてリリースされた「remember you」もシングルチャート初登場2位のヒットとなり、その人気を確かなものとする。

また女優としての評価も高く、自身が主演した映画「タイヨウのうた」では、その演技が高く評価され日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しており、今後も歌手活動に加え女優としての活動などマルチな活躍も期待される。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

UNION(初回限定盤)(DVD付) |Chara

J-POPランキングへ

UNION(初回限定盤)(DVD付)UNION(初回限定盤)(DVD付)
Chara
ユニバーサル・シグマ
発売日 2007-02-28
定価:¥3,500(税込)
価格:¥2,975(税込)
オススメ度:★★★★★



・:*:・オススメのアルバム・:*:・ 2007-03-12
本っ当に凄い金欠だったので買うか悩みましたが、買って良かったデス(o'v`o)☆

プロモのCharaチャンはセクシーだったり可愛らしかったり、大人らしかったり。
久しぶりに見たので涙が止まりませんでした。

曲は今までのCharaらしさが抜けてないのに、初めての人でも聞きやすい仕上がりだと思います!!
ジュニアスィートの頃のような甘い曲や、近代的な音なのに優しい曲ばかり。
歌詞はCharaワールド全開で最高です

Charaチャンの優しさに癒されたい方、Charaってダレ??な方、オススメなので聴いてみて下さい。


CHARA(チャラ)
本名:佐藤美和(旧姓綿引)
1968年1月13日 生まれ
埼玉県川口市出身

1991年9月シングル『Heaven』でデビュー。
その後派手さはないがアンダーグラウンドな人気を獲得していき、
1996年には自身も出演した映画「スワロウテイル」の主題歌を映画にも登場したバンドYEN TOWN BAND名義のシングル「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」がチャート1位、売り上げ90万枚の大ヒットを記録。
1997年、シングル「やさしい気持ち」をリリース。同シングルが収録されたアルバム「Junior Sweet」も大沢伸一(MONDO GROSSO)のプロデュースにより製作され、ミリオンセラーを記録する。
2007年、4年ぶりのフルアルバム「UNION」をリリース。

プライベートでは1995年に俳優の浅野忠信と結婚し話題を呼んだ。
Charaは自身のソロ活動以外にも多くのプロジェクトにも参加しており、そのたび様々な顔を見せている。
独特のウィスパーボイスとCharaワールドとも言える世界観を持つ楽曲は、決してメジャーシーン向きではないかもしれないが、はまる人はどっぷりとはまってしまう魅力を持っている。
また歌手としてだけではなく、女優としての活動や、ファッション誌にもたびたび登場するなどファッションリーダーとしての人気も高い。
Charaの作り出す楽曲はもちろん、マイペースにさえ写る彼女のライフスタイルに憧れる女性も少なくない。
さらに詳しい情報はコチラ≫




→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

LIVE A.I. |AI

J-POPランキングへ

LIVE A.I.LIVE A.I.
AI
ユニバーサル・シグマ
発売日 2007-03-07
価格:¥2,000(税込)
オススメ度:★★★★



パワフル! 2007-03-12
個人的にライブ盤はあまり好きではありませんが、これは良いです!
生バンドによる演奏も素晴らしいのですが、
何と言ってもAIの迫力のあるヴォーカルに圧倒されます。
実際のセット・リストから(特に前半が)がっつりカットされているのは残念ですが、
その分後半がたっぷり収録されているので、聴いていて熱くなります!
(別で発売されるDVDには全編収録されるようです)


AI (アイ)
本名:植村 愛 Carina(うえむら あい カリーナ) 
1981年11月2日 B型

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の鹿児島市育ち、日本で活躍する女性R&B歌手。ミドルネームのカリーナは「愛らしい、かわいい」の意味。
中学卒業後に渡米し、1996年にロサンゼルスのパフォーミング・アーツ・スクールのダンスクラスに入学。ダンスだけでなく、歌唱など音楽とパフォーマンスの全般を学ぶ。
1999年にはメアリー・J・ブライジのライブやジャネット・ジャクソンのPVへの出演を果たす。
2001年「Cry, Just Cry」でBMGファンハウスよりデビュー。
2002年には、1stアルバム『My name is AI』をリリースし、その後の2003年にDef Jam Japanへ第一弾女性アーティストとして移籍。
2004年ののアルバム『2004 A.I.』は初登場3位となりゴールド・ディスクを獲得。
2005年5月にリリースしたバラード曲『Story』は8位初登場の後、売上げ30万枚、ダウンロード200万件と2005年を代表する曲となり、初の「紅白歌合戦」(NHK)出場も果す。

独特のハスキーボイスが特徴的で、ゴスペル仕込みの歌唱力は日本のみならずアジアでも高い評価を得る。
また歌だけでなく、ダンス、ラップもこなし、多くの客演経験も持つ。
特にHIP HOPアーティストとのコラボレーションを多く持つ、名実共に日本を代表するトップR&Bシンガーと言えるだろう。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)- |BONNIE PINK

J-POPランキングへ

Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)-Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)-
BONNIE PINK
ワーナーミュージック・ジャパン
発売日 2006-07-26
定価:¥3,300(税込)
価格:¥2,970(税込)
オススメ度:★★★★



可もなく不可もなく 2007-03-14
タイトル通りに当時の全部のシングルを網羅し、B面、コンピもの等も入れた決定盤です
しかし、やはり後半になるに連れて、とりわけDISC2は曲ごとに繋がりが薄いです

このベストでA Perfect Skyが彼女のキャリアで如何に「浮いた」作品かと言うのもわかるでしょう


BONNIE PINK(ボニーピンク)
1973年4月16日 生まれ
京都府南丹市八木町日置出身
本名「浅田 香織」(あさだ かおり)
身長160~161cm A型

1995年9月21日アルバム「Blue Jam」でデビュー
1996年には著名なプロデューサーであるトーレ・ヨハンソンのプロデュースによる「Do You Crash?」を発表。
そして1997年に「Heaven's Kitchen」をリリースし、30万枚を超えるヒットを記録する。
しかしその後Bonnie Pinkとしての自分と本当の自分とのギャップに苦しみ、
1998年に「evil and flowers」を発表後、一時活動を休止。
ニューヨークで休養と勉強を経た後、
2006年、「A Perfect Sky」をリリースし、資生堂のCMソングに起用された効果もありヒットシングルとなる。
その後発売された「Every Single Day -Complete BONNIE PINK(1995-2006)-」は初登場で16万枚を売り上げるヒットとなった。

全部をピンク色に住めたヘアースタイルで衝撃的なデビューを飾ったBonnie Pinkは、洋楽的な楽曲で一気にトップアーティストに上り詰めた。
その後紆余曲折を経て一時は活動を休止するが、ブランクを空けた後にもヒット曲を飛ばすあたりに、非凡な作曲センスが伺える。
独特でクセのある歌唱法とただのポップソングではない洋楽的な楽曲は、時代の流行に飲まれることのない魅力を感じさせる。

さらに詳しい情報はコチラ≫




→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

Coco d’Or Parfait (DVD付) |Coco d’Or

J-POPランキングへ

Coco d’Or Parfait (DVD付)Coco d’Or Parfait (DVD付)
Coco d’Or
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2005-01-01
定価:¥3,500(税込)
価格:¥3,324(税込)
オススメ度:★★★★



JAZZの初心者にはいいかも!!! 2005-04-27
初心者なので知っているシンガーの物をと思い購入しました。知っている曲が何曲もあり、かなり楽しめましたよ。
hiroのファンでなくてもJAZZを聞きたいが、誰のCDから聞けばいいかわからない方には聞きやすいと思います。かなりポップスっぽいと感じました。

hiro(ひろ)
本名:島袋 寛子(しまぶくろ ひろこ)
1984年4月7日 生まれ
沖縄県宜野湾市出身
身長165㎝

元SPEEDの最年少のメンバーであったhiroのソロデビューは解散直前の1999年、シングル「AS TIME GOES BY」をリリースしスマッシュヒットとなる。
2000年のSPEED解散後、ソロシンガーとしての活動を開始する。
スピード時代の伊秩弘将からプロデューサーを葉山拓亮に変え、
2000年に3rdシングル「Treasure」、2001年にはアルバム「BRILLIANT」と作品を発表していく。
2004年の22ndアルバムからはプロデューサーをCOLDFEETに変え、「Naked and True」をリリースする。
2006年には映画「バックダンサーズ」の主題歌・挿入歌「いつか二人で/I Will Take You」をリリースすると同時に、同映画への出演も果たしている。

SPEED時代から最年少ながら歌唱力を高く評価されていたhiroは、ソロとなっても歌を中心に活動している。
SPEED時代には高音域を使った歌い方が特徴的であったが、ソロ転向後は落ち着いた大人びた歌唱法に変わっており、より表現力が増している。
2004年からはソロ活動に加えて、ジャズプロジェクトCoco d'Orをスタートさせており、新たなステージに踏み出しているといえるだろう。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

Life is Like a Boat |Rie fu

J-POPランキングへ

Life is Like a Boat
Rie fu
パームビーチ
発売日 2004-09-23
価格:¥1,020(税込)
オススメ度:★★★★★



祈るような気持ち 2006-06-03
彼女の曲で、私が始めて出会ったのがこの曲です。
静かなメロディーが心に響きます。英語と日本語が混じった歌詞でも違和感無く、曲のメロディーが心地よくて、そして何よりもRie fuの声の魅力が存分に感じられると思います。
慌ただしく過ぎていく毎日の中で、ふと気づいたりするちょっとした幸せとか、普段は気にしていないのに時折感じる人生の流れていく感覚とか、そんなものが思い浮かんできて、なんだか祈るような気持ちになります。私の大好きな一曲です。

Rie fu(りえふぅ)
1985年1月11日 生まれ
本名:舩越りえ
東京都出身

2004年3月、1stシングル「Rie who!?」でデビュー。茶とでは53位ながら、FM局でパワープレイをさらい、徐々に人気を獲得していく。
同年9月には2ndシングル「Life Is Like A Boat]をリリースし、アニメ「BLEACH」のテーマソングに起用されたことで、ロングセールスを記録する。
2005年には1stアルバム「Rie fu」をリリース。
そして同年4月にリリースされた3rdシングル「I Wanna Go To A Place...」が「ガンダムSEED DESTINY」のエンディングテーマに使用されたことで、シングルチャート5位のヒットシングルとなる。
2006年にはシングル「Until I Say」が映画「ハイジ」の主題歌に起用される。

7~10歳までの期間をアメリカ・メリーランド州で過ごし、またロンドンへの留学もしているバイリンガルのRie fuの楽曲は、英語詩の曲も多い。
自身も認めるアメリカンポップスの影響か、その爽やかな歌声は晴れた空のような気持ちよさを漂わせている。
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/3/18に作成しました。


→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

pray (通常盤) |Tommy heavenly6

J-POPランキングへ

pray (通常盤)
Tommy heavenly6
DefSTAR RECORDS
発売日 2006-07-05
価格:¥1,223(税込)
オススメ度:★★★★



耳に残る曲。 2007-02-14
良くも悪くも、「ポップ」な曲。
「イマドキのJポップ」で片付けてしまう人もいるだろう。
けれども二度三度繰り返し聞きたくなるリズム、「Pray信じて」というサビ部分の聞かせ方は上手いと思う。
この曲は間奏以外息継ぎがほとんど無いので、テンポよく最後まで聞けちゃうのだ。
少なくとも私にとっては「耳に残る」曲。

Tommy february6 Tommy heavenly6
川瀬 智子(かわせ ともこ)
本名:奥田智子(おくだ ともこ)(旧姓:川瀬)
1975年2月6日 生まれ
京都府出身 B型

川瀬智子がボーカルを務めるバンドthe brilliant greenのデビューは1997年。
1998年にリリースされた「There will be love there -愛のある場所-」などのヒットシングルを多数発表するが、2003年頃から活動休止状態に入っている。
その少し前、2001年から川瀬智子がスタートさせたプロジェクトがTommy february6である。
眼鏡をかけたポップなイメージとポップな楽曲を展開するTommy february6と、ダークなイメージとロックをベースとした楽曲を展開するTommy heavenly6、異なる二つの人格を川瀬智子がプロデュースするという設定のプロジェクトである。
2001年7月シングル「EVERYDAY AT THE BUS STOP 」でTommy february6の活動はスタートし、2002年にリリースされた1stアルバム「Tommy february6」はアルバムチャートで2週連続1位を獲得するヒットアルバムとなった。
一方2003年にTommy heavenly6としての1stシングル「Wait till I can dream」をリリース。
the brilliant green、Tommy february6とは違ったこれまでにないロックをベースにしたハードなサウンドは、で新たな一面を見せつけた。

これまでTommy february6、Tommy heavenly6ともにシングル8枚、アルバム2枚をリリースし、相反する二つのキャラクターが織りなすユニークな世界を展開している。
また川瀬智子の活躍は歌手活動に留まらず、自身の楽曲やPVのプロデュースや衣装のスタイリング、キャラクターグッズの展開や声優へのチャレンジなど、様々なジャンルへ表現の幅を広げている。
川瀬智子にとっては全てが表現方法の手段であり、そこにジャンルの壁はないのかもしれない。
今後もどのような展開を見せるか興味深いところである。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

24-twenty four- (初回限定盤)(DVD付) |Sowelu

J-POPランキングへ

24-twenty four- (初回限定盤)(DVD付)24-twenty four- (初回限定盤)(DVD付)
Sowelu
DefSTAR RECORDS
発売日 2006-07-12
価格:¥3,500(税込)
オススメ度:★★★



驚き☆☆☆ 2007-02-07
Soweluのけっこう本格的でありながらもポップなR&Bというような曲調が好きでした。だから「Dear Friend」を聴いたときは正直失望しました。それに評判もあまり良くなかったので、今回のアルバムは期待していませんでした。
そして最近になってようやく聴いてみると、予想に反してとても良かったです。自分の場合はもともとこういうフォークロックが好きなので、この路線はありかなぁと思ってしまいました。いわゆる「Dear Friend」のようなJ-POP的な音ではなく、洋楽のフォークロックのようなかなりクオリティの高い音楽になっています。シンプルで音も綺麗です。
洋楽ロックファンの人、是非聴いてみて下さい。「Dear Friend」は正直ものすごく浮いているので、判断材料にしないで下さい。もっと言うとシングル曲は全部浮いてます。以前のSoweluも好きでしたが、このアルバムもすごく好きです。本当に邦楽にしては珍しくよく出来たフォークロックです。今回のアルバムは自分にとっては嬉しい驚きでした。
ただ、またR&Bもやってほしいし、うまく使い分けていってほしいです。Soweluのこれまでの作品を全く無視してこのアルバムだけで評価するとものすごく良いアルバムです。

Sowelu(ソエル)
1982年11月6日 生まれ
東京出身
身長159cm

2002年1月、CHEMISTRY, 平井堅、m-floなどが参加したコンピレーションアルバム「SMOOTH」に新人ながら大抜擢され、「across my heart」でプレデビュー。
同年3月には、日韓共催サッカーW杯の公式テーマソング「Let's Get Together Now」にCHEMISTRYや韓国のアーティストと共に「Voices of KOREA/JAPAN」のメンバーとして参加し、話題を呼ぶ。
正式なデビュー前から様々なビッグプロジェクトに参加し話題となっていたが、2002年4月、1stシングル「beautiful dreamer」で正式デビューを果たす。
2003年にリリースした1stアルバム「Geofu(ギューフ)」はアルバムチャート初登場5位、30万枚を超えるヒットとなる。
そして2005年にリリースされた2ndアルバム「SWEET BRIDGE」もアルバムチャート5位、2006年7月リリース3rd「24 -twenty four-」もアルバムチャート3位と軒並みヒットアルバムとなっている。
アイリッシュ系の祖父を持つクォーターのSoweluは、透明感のあるボーカルが持ち味。着実に実力を身につけ、リリースする作品も好セールスを残しており、CMやドラマなどのタイアップに起用されることも数多い。
今後も活躍が期待されるアーティストの一人である。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

MISIA SINGLE COLLECTION ~5th Anniversary (SACD-Hybrid) |MISIA

J-POPランキングへ

MISIA SINGLE COLLECTION ~5th Anniversary (SACD-Hybrid)MISIA SINGLE COLLECTION ~5th Anniversary (SACD-Hybrid)
MISIA
BGM
発売日 2003-12-03
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
オススメ度:★★★



全てを持っているMISIAファンには? 2003-10-11
BMG時代のベスト盤です。前回のベストとは趣向を変えて、シングル曲の両サイドの曲を収録しています。
MISIA GREATEST HITSとは、重複していない曲もあるのですが、BMG時代のMISIAのアルバムを全てもっている人には、このCDに新たな曲は収録されていません。よくカップリング曲はアルバムに収録されないことがあるのですが、MISIAの場合は収録されているので、その点でMISIAのアルバムは持っているという人にとっては魅力が少ないと思います。
しかし、曲としてどれも素晴らしいし、BMG時代のMISIAの良さが感じられると思います。また、今回ハイブリッドCDで音質も向上しています。

 ベスト盤しかもっていないけどもっとMISIAを知りたい、最近MISIAのファンになってBMG時代の曲を一枚のCDで聞きたいという人にはとても親切なCDだと思います。発売順になっていて、MISIAのBMG時代の軌跡がたどれることでしょう。このCDが、オリジナルCDでMISIAの良さを感じ機会へとつながっていってくれればと思います。
 曲自体は星5つですが、アルバムを持っている人の観点を考慮して星3つです。

MISIA(ミーシャ)
本名:伊藤美咲(いとうみさき)
1978年7月7日 生まれ
長崎県出身 O型

1998年、シングル「つつみ込むように…」で衝撃的なデビューを果たす。
その圧倒的な歌唱力と本格的なR&Bサウンドは音楽シーンに衝撃を与え、デビューシングルから異例の大ヒットを記録する。
その後2ndシングル「陽のあたる場所」をリリースした後に、同年6月に待望の1stアルバム「Mother Father Brother Sister 」をリリース。1stアルバムながら200万枚以上という驚異的なセールスを記録する。
一躍日本のトップシンガーとなったMISIAは、2000年、ドラマ「やまとなでしこ」の主題歌になったシングル「Everthing」で、またも200万枚を超えるセールスを記録。
現在まで総計で2000万枚以上を売り上げるという驚異的な数字を残している。
またその楽曲と共にMISIAの魅力と言えるのがLIVEである。
アマチュア時代からクラブなどで数多くのLIVEを経験し成長してきたMISIAのLIVEパフォーマンスは高い評価を得ており、2004年には日本人女性ソロアーティストとしては初の全国5大ドームツアー達成している。

MISIA は、そのセールス数字もさることながら、音楽シーン全体に与えた影響は限りなく大きい。
日本人には難しいと言われていたR&Bサウンドを5オクターブの音域を持つとされる圧倒的な歌唱力で見事に表現し、それまで一部のファンのもので日本の音楽シーンの中では決してメジャーな存在ではなかったR&Bというジャンルを一気にメジャーシーンに押し上げ、女性R&Bブームの火付け役となったMISIAの功績は大きいだろう。
ROCK、R&B、HIP HOPなど、米国初の音楽ジャンルを日本人が演じることは常に偏見の目で見られ、必ず日本人には無理だと言われる。その中で常にパイオニアと言われるアーティストが登場し、シーンの認知を獲得する役割を果たしてきた。
日本のR&BシーンにおけるMISIAの存在は、まさにパイオニアと呼ぶに相応しいと言えるだろう。


さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

強く儚い者たち |Cocco

J-POPランキングへ

強く儚い者たち強く儚い者たち
Cocco
ビクターエンタテインメント
発売日 1997-11-21
価格:¥1,020(税込)
オススメ度:★★★★★



夢の中の現実 2005-12-20
南国的なリズムと取っ付きやすいメロディで、最も知られているであろうCoccoの曲。
が、「宝島」や「お姫さま」などといった言葉で構成されたファンタジックな世界観の裏には、恐ろしく冷ややかな視点から「人間の脆さ」を指摘するようなメッセージが隠されている。可愛らしい曲に残酷な歌詞を載せるという彼女ならではの感性が見て取れる作品。

Cocco(こっこ)
1977年1月19日 生まれ
沖縄県那覇市出身 O型
本名:真喜志智子(まきしさとこ)(?)

1996年、シングル「Cocko」でインディーズデビュー。
1997年にはマキシシングル「カウントダウン」でメジャーデビューお果たす。
同年11月にリリースされたシングル「強く儚い者たち」がJALのCMソングに起用され、半年間チャートインし続けるロングランヒットとなり、30万枚以上のセールスを記録するヒットシングルとなる。
1998年にはアルバム「クムイウタ」をリリースし1位、翌1999年シングル「樹海の糸」が3位と順調に活動を続けていく。
そして2001年、シングル「羽根~lay down my arms~」・沖縄限定CD+VHSセット「風化風葬」をリリースするが、同時に突然の活動中止を発表し、衝撃を与える。
2001年に初のベストアルバム「ベスト+裏ベスト+未発表曲」・PV集「お楽しみ秘蔵ビデオ+全シングルクリップ=計16曲集」を同時リリース。活動中止期間中にも関わらずロングヒットを記録。
活動中止中も単発での作品を発表したりと、全く活動をしていないわけではなかったが、
2006年、約5年振りのリリースとなるシングル「音速パンチ」を発表し、本格的に音楽シーンに復帰を果たす。

ほんわりとしたキャラクターとは対照的にエモーショナルな歌唱と楽曲は多くの人を虜にし、多くのファンを獲得するのにそう時間はかからなかった。
Cocco独特の世界観もファンを惹きつける魅力の一つだろう。
その世界観をビジュアル化するかのように、絵本作家としても作品を残しており、2冊類型35万枚のセールスを残している。
また沖縄出身であるCoccoは、沖縄の海が年々汚れていくのを憂慮しており、海のゴミ拾い活動も積極的に行っている。
自身でキャンペーンを開催したり、自身の楽曲を通して海を綺麗にすることを訴えかけている。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

恋におちたら |Crystal Kay

J-POPランキングへ

恋におちたら恋におちたら
Crystal Kay
ERJ
発売日 2005-05-18
価格:¥1,223(税込)
オススメ度:★★★★★



愛情たっぷりな曲 2007-01-22
メロディーが本当に愛らしくて明るくて思わず微笑んでしまいそうな幸せな曲。

彼氏彼女以外でも、家族、友達、自分が大好きで大切に想っている人みんなに「ありがとう」を伝えたくなる優しさと愛情たっぷりな曲。

クリスタル・ケイ(Crystal Kay )
本名:Crystal Kay Williams
1986年2月26日 生まれ
横浜市出身
身長172cm O型

音楽系の両親の元に生まれたクリスタルケイは、幼少の頃からCMソングなどで歌手活動を開始している。
作品としてのデビューは1999年、シングル「Eternal Memories」で、若干13歳だった。
2001年には映画「サトラレ」の主題歌に起用された「LOST CHILD」をリリースし知名度を得る。
2002年、m-floのTakuプロデュースのシングル「Hard to say」がヒット。
同年発表された3rdアルバム「almost seventeen」もチャート2位というヒットを記録する。
2003年には、ボーカルLISAの抜けたm-floにボーカルとして参加した作品「I Like It」、そして自身の作品に逆にm-floを迎えた「REEWIND」を同時リリースし、どちらもヒットを記録する。
2005年、ドラマの主題歌にもなったシングル「恋におちたら」をリリースし、自己最高の35万枚のセールスを記録する。
2006年には有名プロデューサージャム&ルイスを迎えて製作されたシングル「Kirakuni」をリリースするとともに、そのカップリング曲「Together」はTV東京系トリノ五輪のテーマソングにも採用され話題を呼んだ。

音楽一家で育った類い希な歌唱力はもちろん、R&Bから親しみやすいPOPソングまでを歌いこなすため幅広い層から支持を得ている。
またフィーチャリングのオファーが絶えないことからも、その力量の確かさがうかがい知れる。
今後は海外でも活動も視野に入れているとされるため、今後の活躍も注目である。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

WORKING GIRL |PUSHIM

J-POPランキングへ

WORKING GIRLWORKING GIRL
PUSHIM
KRE
発売日 2003-12-17
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
オススメ度:★★★★★



☆☆☆☆☆ 2006-06-26
このCDが一番好きぃぃ。
ハマル一枚☆
ジャパレゲのお姉サマPUSHIM♪
(みんな大好き)OASISも入ってます^^
お勧めは
*PASSION
*MAN A HOTTER
*THE BLACKBELT
*From Distance
聴くもよし、カラオケで歌うもよし☆

重宝するCD。
国民一人一枚♪

PUSHIM(プシン)
本名:朴 富心(ぱく ぷしん)
1975年11月26日 生まれ
大阪府出身 O型
在日コリアン

 95年から大阪を拠点に活動を始めたPUSHIMは、97年にレゲエ・コンピレーション・アルバムに収録の「SOULFULL DANCE」(Fire BallのCHOZEN LEEとのコンビネーション)で一躍脚光を浴びる。
 そしてその年にレゲエの本場ジャマイカに渡り、ジャマイカNo.1の人気を誇るサウンド・システム“STONE LOVE”においてPUSHINの楽曲がプレイされる。これは日本人初の快挙である。
99年には12インチシングル「Dancehall Checker」にてZEEBRA、YOU THE ROCK★、TWIGYらと競演。
 そして99年6月満を持してメジャーデビューシングル「BRAND NEW DAY」をリリース。
2000年には1stアルバム「say Greeting」を、2001年には2ndアルバム「COLORS」をリリース。この1st&2ndアルバムはロングセールスを記録し、それぞれ10万枚を越えるヒットを記録する。
2002年8月には代々木第一体育館で行われたLIVEで1万人を越える動員を記録し、レゲエ・リスナーだけではないリスナーをも魅了させる。
2003年3月に3rdアルバム「Pieces」をリリース。アルバムチャート初登場でベスト10入りし、過去最大のセールスを更新。
2003年7月には、本場ジャマイカでの世界最大のレゲエ・フェス「SUN FES 2003」(デスティニーズ・チャイルドやショーン・ポールらが出演)に出演。
2004年には、最高傑作の呼び声高い4thアルバム「QUEENDOM」をリリースし、前作を上回るアルバムチャート初登場6位を記録する。

そのソウルフルな歌声は、日本国内のみならず海外からも高い評価を受けており、海外でのフェスティバルの出演や海外アーティストとの競演の経験も豊富である。
レゲエ界のみならずポップフィールでの実績も残しているPUSHINは、ジャパニーズレゲエ界最大の功労者であり、間違いなくNO.1ジャパニーズレゲエシンガーと言えるだろう。


さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

Tommy february6 |Tommy February6

J-POPランキングへ

Tommy february6Tommy february6
Tommy February6
DefSTAR RECORDS
発売日 2002-02-06
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
オススメ度:★★★★


さわやかな恋の始まりを歌うサードシングルに続き、the brilliant green のトミーことTommy february6 が発表したファーストソロアルバム。
恋のトキメキをつづるフレッシュなユーロポップチューン(ファーストシングル)、せつない思いを込めたフレンチディスコナンバー(セカンドシングル)のほか、ボーイズ・タウン・ギャングで知られるディスコクラシックのキュートなカヴァーなども聴きどころ。80's 感覚あふれる、きらびやかで楽しいアルバムに仕上がった。(速藤年正)

トミーは凄いっ 2007-01-12
 このアルバムはもう何十回も聞いてると思うのですが本当に飽きません。
すごく聞きやすい入り込みやすいPOPだけど、全然軽くないからだと思います。
 そこには、トミーのアルバム作りに対する姿勢が見えてくる気がします。
外見はあくまで可愛く格好良く、中身は隅々にまでこだわった完璧に近い内容。
これって凄くないですか?
 現在聞いてみようか迷っている方、まず間違いないと思うので、ぜひどうぞっ!                  

Tommy february6 Tommy heavenly6
川瀬 智子(かわせ ともこ)
本名:奥田智子(おくだ ともこ)(旧姓:川瀬)
1975年2月6日 生まれ
京都府出身 B型

川瀬智子がボーカルを務めるバンドthe brilliant greenのデビューは1997年。
1998年にリリースされた「There will be love there -愛のある場所-」などのヒットシングルを多数発表するが、2003年頃から活動休止状態に入っている。
その少し前、2001年から川瀬智子がスタートさせたプロジェクトがTommy february6である。
眼鏡をかけたポップなイメージとポップな楽曲を展開するTommy february6と、ダークなイメージとロックをベースとした楽曲を展開するTommy heavenly6、異なる二つの人格を川瀬智子がプロデュースするという設定のプロジェクトである。
2001年7月シングル「EVERYDAY AT THE BUS STOP 」でTommy february6の活動はスタートし、2002年にリリースされた1stアルバム「Tommy february6」はアルバムチャートで2週連続1位を獲得するヒットアルバムとなった。
一方2003年にTommy heavenly6としての1stシングル「Wait till I can dream」をリリース。
the brilliant green、Tommy february6とは違ったこれまでにないロックをベースにしたハードなサウンドは、で新たな一面を見せつけた。

これまでTommy february6、Tommy heavenly6ともにシングル8枚、アルバム2枚をリリースし、相反する二つのキャラクターが織りなすユニークな世界を展開している。
また川瀬智子の活躍は歌手活動に留まらず、自身の楽曲やPVのプロデュースや衣装のスタイリング、キャラクターグッズの展開や声優へのチャレンジなど、様々なジャンルへ表現の幅を広げている。
川瀬智子にとっては全てが表現方法の手段であり、そこにジャンルの壁はないのかもしれない。
今後もどのような展開を見せるか興味深いところである。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

音速パンチ (初回限定盤)(DVD付) |Cocco

J-POPランキングへ

音速パンチ (初回限定盤)(DVD付)音速パンチ (初回限定盤)(DVD付)
Cocco
ビクターエンタテインメント
発売日 2006-02-22
定価:¥1,500(税込)
価格:¥750(税込)
オススメ度:★★★★



いつまでも同じじゃ駄目 2006-04-19
昔からのファンは曲の変化に戸惑っている人も多いと思います。
そりゃそうでしょうね、あれだけアクの濃い世界観を突きつけられれば。
でも彼女もいつまでも同じような暗い部屋の片隅でうずくまっているような歌ばっかり歌うわけにはいきませんよ。人間は常に変化して行くものです。
いつまでもトラウマを抱えたメンヘルな人間でいて欲しくありません。
寧ろ初期のようなドロドロした新曲を出したらそれこそ「売れ線に走った」と言えます。かつての彼女の売りはドロドロさでしたからね。
今の雰囲気は彼女の出した音源を順を追って聴いて行くと自然な変化なんですけどね。
お膳立ての無い、歌いたい歌を作って歌いたい歌を歌ってくれることが彼女への望みではありませんでしたか?
むしろ私はまた新しいCoccoの世界を覗かせてくれているようでこれからが楽しみです。

Cocco(こっこ)
1977年1月19日 生まれ
沖縄県那覇市出身 O型
本名:真喜志智子(まきしさとこ)(?)

1996年、シングル「Cocko」でインディーズデビュー。
1997年にはマキシシングル「カウントダウン」でメジャーデビューお果たす。
同年11月にリリースされたシングル「強く儚い者たち」がJALのCMソングに起用され、半年間チャートインし続けるロングランヒットとなり、30万枚以上のセールスを記録するヒットシングルとなる。
1998年にはアルバム「クムイウタ」をリリースし1位、翌1999年シングル「樹海の糸」が3位と順調に活動を続けていく。
そして2001年、シングル「羽根~lay down my arms~」・沖縄限定CD+VHSセット「風化風葬」をリリースするが、同時に突然の活動中止を発表し、衝撃を与える。
2001年に初のベストアルバム「ベスト+裏ベスト+未発表曲」・PV集「お楽しみ秘蔵ビデオ+全シングルクリップ=計16曲集」を同時リリース。活動中止期間中にも関わらずロングヒットを記録。
活動中止中も単発での作品を発表したりと、全く活動をしていないわけではなかったが、
2006年、約5年振りのリリースとなるシングル「音速パンチ」を発表し、本格的に音楽シーンに復帰を果たす。

ほんわりとしたキャラクターとは対照的にエモーショナルな歌唱と楽曲は多くの人を虜にし、多くのファンを獲得するのにそう時間はかからなかった。
Cocco独特の世界観もファンを惹きつける魅力の一つだろう。
その世界観をビジュアル化するかのように、絵本作家としても作品を残しており、2冊類型35万枚のセールスを残している。
また沖縄出身であるCoccoは、沖縄の海が年々汚れていくのを憂慮しており、海のゴミ拾い活動も積極的に行っている。
自身でキャンペーンを開催したり、自身の楽曲を通して海を綺麗にすることを訴えかけている。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

Lovin’U |melody.

J-POPランキングへ

Lovin’ULovin’U
melody.
トイズファクトリー
発売日 2006-11-08
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★★



好きデスw 2007-02-07
こぅ言ぅ歌好きですw秋っぽぃですね。melody.らしいし!!ただ、シングルとしてLovin' Uはちょっとボリュームが足りなぃかなぁと個人的思いました。でもFEEL THE RUSHは最高です。3曲も新曲が入ってるしCD全体のバランスはいいです。

melody.(めろでぃ)
1982年2月24日生まれ
本名:石川みゆきメロディ
ハワイ出身

大の音楽好きの両親から「メロディ」と名付けられたmelodyは、2003年シングル「dreamin' Away」でデビューする。
その半年後の同年10月には、m-floのフィーチャリングとして山本領平(現・Ryohei)と共に参加、m-flo loves melody.&山本領平名義でシングル『miss you』をリリース。これがトップ10入りするヒットとなり、一気にその名は全国区に知れ渡る。
その勢いそのままに、2004年1月にリリースした1stアルバム「Sincerely」は、初登場3位を記録する大ヒットとなった。
2005年にはシングル「realize/Take a Chance」リリース。ドラマ「ドラゴン桜」の主題歌に起用されたことからオリコントップ10入りの大ヒットを記録する。
2006年、2ndアルバム「Be as one」リリース、トップ10入りのヒット、そして同年全世界で発売のレースゲーム「ニード・フォー・スピード カーボン」に、挿入歌の起用と共に自身もゲームキャラクターとして出演し話題を呼んだ。
元々ハワイ生まれハワイ育ちのバイリンガルであるmelodyは、先のゲーム「ニード・フォー・スピード カーボン」への出演・楽曲提供で世界へ向けて発信する他、2004年にはシングル「Believe me」をJapanese Version、English Version(期間限定生産)の2種類同時リリースするなどしており、今後も世界へ向けた活動が期待される。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

LOVE IS BUBBLE |BONNIE PINK

J-POPランキングへ

LOVE IS BUBBLELOVE IS BUBBLE
BONNIE PINK
ワーナーミュージック・ジャパン
発売日 2006-05-10
価格:¥1,000(税込)
オススメ度:★★★★★



SHOW GIRL!!! 2006-07-20
「嫌われ松子の一生」を、見た人はもちろん、見ていない人も、一気にテンション上がるCDです!

セクシーな歌詞だけど、そうかんじさせないテンポとリズムがかっこいいです☆
プロモの青い髪のBONNIE PINKが、頭の中を駆け巡ります。

あなたも唄って踊ってLET'S SHOW TIME!!!

BONNIE PINK(ボニーピンク)
1973年4月16日 生まれ
京都府南丹市八木町日置出身
本名「浅田 香織」(あさだ かおり)
身長160~161cm A型

1995年9月21日アルバム「Blue Jam」でデビュー
1996年には著名なプロデューサーであるトーレ・ヨハンソンのプロデュースによる「Do You Crash?」を発表。
そして1997年に「Heaven's Kitchen」をリリースし、30万枚を超えるヒットを記録する。
しかしその後Bonnie Pinkとしての自分と本当の自分とのギャップに苦しみ、
1998年に「evil and flowers」を発表後、一時活動を休止。
ニューヨークで休養と勉強を経た後、
2006年、「A Perfect Sky」をリリースし、資生堂のCMソングに起用された効果もありヒットシングルとなる。
その後発売された「Every Single Day -Complete BONNIE PINK(1995-2006)-」は初登場で16万枚を売り上げるヒットとなった。

全部をピンク色に住めたヘアースタイルで衝撃的なデビューを飾ったBonnie Pinkは、洋楽的な楽曲で一気にトップアーティストに上り詰めた。
その後紆余曲折を経て一時は活動を休止するが、ブランクを空けた後にもヒット曲を飛ばすあたりに、非凡な作曲センスが伺える。
独特でクセのある歌唱法とただのポップソングではない洋楽的な楽曲は、時代の流行に飲まれることのない魅力を感じさせる。
さらに詳しい情報はコチラ≫




→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

THE BEST - Baby Baby Baby xxx |CHARA

J-POPランキングへ

THE BEST - Baby Baby Baby xxxTHE BEST - Baby Baby Baby xxx
CHARA
ERJ
発売日 1995-10-10
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
オススメ度:★★★★★



今もこの頃も魅力的 2006-03-20
デビュー時からのファンです。このアルバムはすごくフレッシュで可愛らしくて大好き。
今は結婚・出産などを経て、歌い方や曲調もより優しく包み込むような感じになりましたが
この頃の弾けたキュートさもなんとも魅力的です!甘ーい声と可愛らしい雰囲気…。

罪深く愛してよ、あたしなんで抱きしめたいんだろう?、タイニー・タイニー・タイニーなど
どれも個性的でCHARAらしい素敵な曲ばかり。
最近CHARAを聴き始めた方で『もっと色々な作品を聴いてみたい』という方にもお勧めです。
今もこの頃もずっとCHARAは私の憧れの女性のひとりです。

CHARA(チャラ)
本名:佐藤美和(旧姓綿引)
1968年1月13日 生まれ
埼玉県川口市出身

1991年9月シングル『Heaven』でデビュー。
その後派手さはないがアンダーグラウンドな人気を獲得していき、
1996年には自身も出演した映画「スワロウテイル」の主題歌を映画にも登場したバンドYEN TOWN BAND名義のシングル「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」がチャート1位、売り上げ90万枚の大ヒットを記録。
1997年、シングル「やさしい気持ち」をリリース。同シングルが収録されたアルバム「Junior Sweet」も大沢伸一(MONDO GROSSO)のプロデュースにより製作され、ミリオンセラーを記録する。
2007年、4年ぶりのフルアルバム「UNION」をリリース。

プライベートでは1995年に俳優の浅野忠信と結婚し話題を呼んだ。
Charaは自身のソロ活動以外にも多くのプロジェクトにも参加しており、そのたび様々な顔を見せている。
独特のウィスパーボイスとCharaワールドとも言える世界観を持つ楽曲は、決してメジャーシーン向きではないかもしれないが、はまる人はどっぷりとはまってしまう魅力を持っている。
また歌手としてだけではなく、女優としての活動や、ファッション誌にもたびたび登場するなどファッションリーダーとしての人気も高い。
Charaの作り出す楽曲はもちろん、マイペースにさえ写る彼女のライフスタイルに憧れる女性も少なくない。
さらに詳しい情報はコチラ≫




→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

LOVE CONCENT(初回生産限定盤)(DVD付) |hitomi

J-POPランキングへ

LOVE CONCENT(初回生産限定盤)(DVD付)LOVE CONCENT(初回生産限定盤)(DVD付)
hitomi
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2006-09-27
定価:¥3,990(税込)
価格:¥2,793(税込)
オススメ度:★★★★★



hitomiらしさ 2006-11-24
hitomi最良のパートナー・渡辺善太郎さんが殆んどノータッチで作られた前作『TRAVELER』、以降発売されたシングルJapanese?~CRA"G"Y?で、デビュー時からのファンとしても《hitomiは終わった…》と思わざるを得ませんでした。
しかしGO MY WAYから、何かにフッ切れた様に本来の彼女の持つ"女の強さ"を取り戻し、改めて元気と勇気を貰える作品を作ってくれました。某インタビューでは、「去年は歌手を辞めてパートでもしようかと本気で思ってた…。」と語っていた彼女。去年発売の3シングルは、A&Rに持ちかけられたテーマにhitomiが歌詞を付けると言うやり方で、結果的に何の持ち味もない仕上がりに…それに悩んだ彼女は引退を考えてたそうです。
しかしhitomiは強い!「自分のコトバに責任を持って詞を書きたい!」と共作を拒否、GO MY WAY以降は彼女の言葉でしっかりと綴られてます。今回のアルバムですが、hitomi×渡辺善太郎のタッグが一番!!と確信出来る物で、前作のような中途半端な感じがなく、創作意欲を感じられます。
ちょっと懐かしさを感じるサウンドに、共感する身近な歌詞が心地よく、何度も繰り返し聴き込めるアルバムです。恋をしている人、いまいちマンネリで悩んでいる人…hitomiの言葉で何かを見付けるキッカケになりますよ!
迷いのないキラキラしたhitomiが、一番素敵ですね。

hitomi(ヒトミ)
本名:古谷 仁美(ふるや ひとみ)
1976年1月26日 生まれ
神奈川県川崎市出身

1993年よりファッション誌「fine」のモデルとして活躍していたhitomiは、
1994年、小室哲哉のプロデュースのシングル「Let's Play Winter」歌手としてデビューする。
その後も「Go To The Top」「SEXY」「In The Future」「by myself」などヒット曲をリリースするが、8枚目のシングル「BUSY NOW」からは自身で作曲も務めるようになる。
元々小室ファミリーの中でも自ら作詞を行ったり、小室哲弥の名前を全面に押し出さないなど異色な存在であったhitomiは、
1998年頃からは完全に小室プロデュースの元を離れる。
2000年には、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子がレース前に愛聴していることで話題になったシングル「LOVE 2000」が37万枚のヒットを記録する。
2004年には一時活動を休止するが、活動再開後も精力的にリリースを重ねている。
2005年のシングル「Japanese girl」からは自身のレーベルLOVE LIFE RECORDSを立ち上げている。

小室ファミリーでありながら早くにその元を離れたhitomiが、小室ファミリー衰退後の現在で、最もシーンに生き残っているアーティストであるというのは皮肉な話である。
当時から独立したアーティストとしての立場を貫いていたhitomiは、楽曲もさることながら、そのスタイルが同年代の女性を中心に強い支持を受けていた。
またファッション誌のモデル出身ということもあり、女性のファッションリーダー的な存在でもある。
セルフプロデュースをこなし、常に一貫した姿勢で活動を続けていく姿は、独立した女性として多くの女性の憧れの的にもなっている。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

BREATH |bird

J-POPランキングへ

BREATHBREATH
bird
ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 2006-10-04
価格:¥3,059(税込)
オススメ度:★★★



人生という旅。 2007-02-20
柔らかさが増したbirdの歌声と、富田さんのカラフルで緻密なアレンジが、まるで世界を旅しているかのような気分にさせてくれます。
大沢時代の頃が良かったという人には正直物足りなく感じると思います。
だけど、そういう人には好きな音楽ばかり聴いていないでいろんな音楽を聴いてほしいです。
一度違う視点に立ってみるといろいろなことに気がつきます。
そうするとこのアルバムの良さも見えてくるはず。
近年の活動はもっと評価されるべきだと私は思います。

bird(バード)
1975年12月9日生まれ
京都府出身

大阪のジャズクラブで歌っているところを大沢伸一(MONDO GROSSO)に認められ、1999年3月20日、ソニー・レコードより、大沢主催のレーベルRealEyesからシングル『SOULS』でデビュー。
同年7月に発売したデビューアルバム『bird』は70万枚を売り上げ、日本ゴールドディスク大賞新人賞を獲得する。
2002年3月にRealEyesレーベルから独立し、以後は作詞・作曲からプロデュースまで自身で務める、クリエイターとして独自の活動をするようになる。

小さい体ながらパワフルな歌唱力と、ジャズを下敷きにした独自のボーカルはJ-POPの中でも際立った個性を放っている。
童顔な風貌とは違い、ジャズ、ボッサ、ラテンを中心に大人びた楽曲を歌いこなすミュージシャンとして、根強い人気を誇っている。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

K-POP SELECTION (CCCD)(DVD付) |BoA

J-POPランキングへ

K-POP SELECTION  (CCCD)(DVD付)K-POP SELECTION (CCCD)(DVD付)
BoA
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2004-03-03
定価:¥3,360(税込)
価格:¥3,024(税込)
オススメ度:★★★★



韓国語のBoA 2006-07-25
韓国語のBoAの歌を聴いたことがない人は、是非聴いてみてください。1集、2集、3集、Jumping…からの選曲で、韓国ではこんな曲を歌っているんだというのが知れます。
私は、BoAが大好きなので、韓国でも日本でもリリースされた全てのアルバムを持っています。そんな私のお気にな1枚です。DVDのBoAも可愛く、ミルキーウェイ・アトランティス プリンセスのPVが特に好きで、毎日見ています。オススメですよ。 (このアルバムには、4集、5集が収録されていないので、またこのようなBest盤作ってほしいです。4集、5集のPVも見たいので…)

BoA(ボア)
1986年11月5日生まれ
韓国京畿道九里市出身
身長160cm AB型
韓国における漢字 權寶兒(クォン・ボア)

1998年韓国大手の芸能プロダクションにスカウトされ、
2000年8月25日、韓国で「ID; Peace B」でデビュー。
同年には、M.net 2000ミュージックビデオフェスティバル「女性新人賞」、2000KMTV歌謡大典「今年の女性新人賞」の2つの賞を受賞している。
2001年5月30日、ファーストシングル「ID; Peace B」で日本デビュー。
2002年1月17日、日本での4thシングル「LISTEN TO MY HEART」リリースしオリコン3位とスマッシュヒットになる。
2002年には日本での1stアルバム『LISTEN TO MY HEART』をリリース。オリコンアルバムチャート1位、ミリオンセラー達成のビッグヒットとなる。
2005年には、シングル「DO THE MOTION」リリース、オリコンシングルチャート1位を獲得する。これは日本人以外のアジア出身歌手のとしては21年4ヶ月ぶりの快挙。

若さに似合わない歌唱力と激しいダンスが話題を呼び、特にティーンエイジャーから多くの支持を集めている。
韓国・日本を中心に、中国、台湾、香港、シンガポールなどでも高い人気を誇る、まさにアジアの歌姫と言えるアーティストである。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

ASCENSION |MISIA

J-POPランキングへ

ASCENSIONASCENSION
MISIA
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2007-02-07
価格:¥3,150(税込)
オススメ度:★★★★★



今までで一番のアルバム 2007-02-22
MISIAのアルバムは全てもっていますが、ASCENSIONはMISIAの歌唱力がとてもUPしています。
かつての耳障りなキンキンする歌唱方法とは全く違う声の出し方をしてます。
中音域の優しい声と高音域の力を抜いたような素直な発声方法を駆使しています。
かなりのレッスンを積んでいると思われますね。
年を重ねることに彼女がすばらしい歌手になっていくのを実感しました。

MISIA(ミーシャ)
本名:伊藤美咲(いとうみさき)
1978年7月7日 生まれ
長崎県出身 O型

1998年、シングル「つつみ込むように…」で衝撃的なデビューを果たす。
その圧倒的な歌唱力と本格的なR&Bサウンドは音楽シーンに衝撃を与え、デビューシングルから異例の大ヒットを記録する。
その後2ndシングル「陽のあたる場所」をリリースした後に、同年6月に待望の1stアルバム「Mother Father Brother Sister 」をリリース。1stアルバムながら200万枚以上という驚異的なセールスを記録する。
一躍日本のトップシンガーとなったMISIAは、2000年、ドラマ「やまとなでしこ」の主題歌になったシングル「Everthing」で、またも200万枚を超えるセールスを記録。
現在まで総計で2000万枚以上を売り上げるという驚異的な数字を残している。
またその楽曲と共にMISIAの魅力と言えるのがLIVEである。
アマチュア時代からクラブなどで数多くのLIVEを経験し成長してきたMISIAのLIVEパフォーマンスは高い評価を得ており、2004年には日本人女性ソロアーティストとしては初の全国5大ドームツアー達成している。

MISIA は、そのセールス数字もさることながら、音楽シーン全体に与えた影響は限りなく大きい。
日本人には難しいと言われていたR&Bサウンドを5オクターブの音域を持つとされる圧倒的な歌唱力で見事に表現し、それまで一部のファンのもので日本の音楽シーンの中では決してメジャーな存在ではなかったR&Bというジャンルを一気にメジャーシーンに押し上げ、女性R&Bブームの火付け役となったMISIAの功績は大きいだろう。
ROCK、R&B、HIP HOPなど、米国初の音楽ジャンルを日本人が演じることは常に偏見の目で見られ、必ず日本人には無理だと言われる。その中で常にパイオニアと言われるアーティストが登場し、シーンの認知を獲得する役割を果たしてきた。
日本のR&BシーンにおけるMISIAの存在は、まさにパイオニアと呼ぶに相応しいと言えるだろう。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

never+land(DVD付) |misono

J-POPランキングへ

never+land(DVD付)never+land(DVD付)
misono
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2007-02-28
定価:¥3,800(税込)
価格:¥3,230(税込)
オススメ度:★★★



ホットタイム・・・ 2007-03-07
『ホットタイム』が未収録です。
あの曲を聴いて、misono復活と思いました。
いいタイミングでの記念すべきアルバムなのになぜ。

『個人授業』がメドレー化されたのは気になりませんし
フィンガー5メドレーが収録されるくらいなら
アルバムのコンセプトと違うという理由でもなさそうです。

それにしても、セカンドシングルのせいで
相当ファンを失ったようで、アルバムは初登場20位でした。
まあまあの楽曲は入ってるのですが残念ですね。

misono(みその)
本名: 神田 美苑 (こうだ みその)
1984年10月13日 生まれ
京都府京都市伏見区出身 B型

2002年にday after tomorrow(dat)としてデビューしたmisonoは、「moon gate」、「Dear Friends/It's My Way」などのヒットシングルを順調にリリースし、一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。
しかし2005年、そのdatは突然活動を休止する。
その後misonoは数ヶ月のブランクを置くが、
2006年ソロアーティストとしての活動を開始する。
2006年、ソロとしてのデビューシングル「VS(ヴァーサス)」はdatとは若干違い、ROCKサウンドを取り入れた新しいmisonoを見せる楽曲となったが、初登場4位というまずまずのスタートを見せる。
その後は、同年5月にフィンガー5のカバー曲「個人授業」を、11月には岡本真夜のヒットシングル「TOMORROW」のカバーをカップリングに収録したシングル「ラブリー♥キャッツアイ」をリリース。
2007年にはソロ1stアルバム「never+land」をリリースしている。

datで歌手として順調なキャリアを進んでいたが、ソロ転向後以降は決して順調とは言えない。
実の姉である倖田來未は対照的に、デビュー当時こそは順調とは言えなかったが、misonoと入れ替わるように人気を獲得し、今やトップアーティストとして活躍している。
デビュー当時は姉より先に売れた立場に「姉に悪い」と感じ、立場が逆転した今は「当時の姉の気持ちがやっとわかった」と公言する。
様々な苦悩を経験し、ソロとしての活動を開始したmisonoの第2のステージは、まだ始まったばかりしれないだと言えるかも
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

NOKKO’S SELECTION,NOKKO’S BEST |NOKKO

J-POPランキングへ

NOKKO’S SELECTION,NOKKO’S BEST
NOKKO
Sony Music Direct
発売日 2006-10-04
価格:¥3,150(税込)
オススメ度:★★★★★



完璧~っ 2006-10-04
nokkoの自薦best
微妙にアレンジが、違っていたり
リマスターのおかげで過去の音源が、クリアーであれ?この曲こんな曲だったっけ?状態です。笑 リミックス曲が3曲入っているのもうれしい限りです。nokkoの書き下ろしエッセイもグッと涙をそそります。安心してオススメできるベスト版です。♪

NOKKO(のっこ)
1963年11月4日 生まれ
本名:山田信子
埼玉県浦和市(現:埼玉県さいたま市桜区)出身

1984年、ロックバンドREBECCA(レベッカ)のボーカルとしてデビュー。
80年代を代表するロックバンドのレベッカは、「フレンズ」「MOON」RASPBERRY DREAM」などの名曲を残し、アルバムはミリオンセラーになるなど、当時のロックバンドとしては異例の人気を集めた。
1991年にそのレベッカは解散し、その後NOKKOはソロとして活動することになる。
ソロ転向後は、それまでのロックボーカルとは違ったポップサウンドを全面にだした曲を歌うようになる。
「人魚」「春雪うさぎ」などヒット曲を出すが、2001年に休業宣言。
一時活動を停止し家庭へ納まるも、 2003年にNOKKO&GO名義でリリースしたアルバム『宇宙ノコモリウタ』で、活動を再開した。
また1999年にはレベッカの名曲「フレンズ」をセルフカバーをし。2000年にはレベッカの再結成も実現し話題になった。
さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!

Anything For You (初回限定盤)(DVD付) |BONNIE PINK

J-POPランキングへ

Anything For You (初回限定盤)(DVD付)Anything For You (初回限定盤)(DVD付)
BONNIE PINK
ワーナーミュージック・ジャパン
発売日 2007-03-28
定価:¥1,300(税込)
価格:¥1,170(税込)



春の憂鬱も吹き飛ばす2007年第1弾シングル!!

昨夏を代表するスマッシュヒット曲「A Perfect Sky」、60万枚のビッグセールスを記録したベスト盤「Every Single Day」、昨年末のNHK紅白歌合戦初出場と、名実ともにトップアーティストとなったBONNIE PINKの2007年第1弾シングルは話題満載!
この春、大量OA&問い合わせ必至のシングル表題曲に加え、昨秋に話題となったm-floとのコラボレーション曲「Love Song (m-flo loves BONNIE PINK)」と超強力な楽曲を収録!初回限定盤には、昨年のスペシャル・アコースティック・ライブ『A Perfect Sky Live in OKINAWA』のDVDを付録!

BONNIE PINK(ボニーピンク)
1973年4月16日 生まれ
京都府南丹市八木町日置出身
本名「浅田 香織」(あさだ かおり)
身長160~161cm A型

1995年9月21日アルバム「Blue Jam」でデビュー
1996年には著名なプロデューサーであるトーレ・ヨハンソンのプロデュースによる「Do You Crash?」を発表。
そして1997年に「Heaven's Kitchen」をリリースし、30万枚を超えるヒットを記録する。
しかしその後Bonnie Pinkとしての自分と本当の自分とのギャップに苦しみ、
1998年に「evil and flowers」を発表後、一時活動を休止。
ニューヨークで休養と勉強を経た後、
2006年、「A Perfect Sky」をリリースし、資生堂のCMソングに起用された効果もありヒットシングルとなる。
その後発売された「Every Single Day -Complete BONNIE PINK(1995-2006)-」は初登場で16万枚を売り上げるヒットとなった。

全部をピンク色に住めたヘアースタイルで衝撃的なデビューを飾ったBonnie Pinkは、洋楽的な楽曲で一気にトップアーティストに上り詰めた。
その後紆余曲折を経て一時は活動を休止するが、ブランクを空けた後にもヒット曲を飛ばすあたりに、非凡な作曲センスが伺える。
独特でクセのある歌唱法とただのポップソングではない洋楽的な楽曲は、時代の流行に飲まれることのない魅力を感じさせる。

さらに詳しい情報はコチラ≫



→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!
| ホームへ | 次ページ
カテゴリー

最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

jpopgirl

Author:jpopgirl
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。