[PR] マンスリーマンション 女性アーティスト STYLE (CCCD) |安室奈美恵
FC2ブログ


女性アーティストのCD、DVDをリストアップ。邦楽女性アーティストショップ

スポンサーサイト

J-POPランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

STYLE (CCCD) |安室奈美恵

J-POPランキングへ

STYLE (CCCD)STYLE (CCCD)
安室奈美恵
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2003-12-10
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
オススメ度:★★★★


約3年ぶりとなるオリジナル・アルバムは、「SUITE CHIC」でも予告されていた通り、彼女がフェイヴァリットにしているR&B、ヒップホップを中心とした作品となった。
クールでダンサブルなトラックに乗る彼女の声はいつになく楽しげで、自由。ヴォーカル全体から「ずっと、こういうことがやりたかった!」という喜びが感じられるのだ。

ダラス・オースティンをはじめとするプロデューサ陣も充実している。
小室哲哉プロデュースによるハイトーン・ヴォーカリストというイメージを完全に脱却し、タイトル通り、新しいスタイルを確立した記念すべき作品と言えるだろう。(森 朋之)

安室ちゃんはダンスだよねっ!! 2007-03-14
ぶっちゃけシングルのPut'Em UP☆SO CRAZY☆shine more☆
などのアップテンポなかんじで安室ちゃんの見せ場みたいなダンス系の曲が多いから購入したんですよね!!
いままで聞いたことないようなすんごいかっこいい曲で感動しましたよ!!
でもやっぱ他に収録されてる曲でWishing On The Same Starみたいなかんじも安室ちゃんのちがったとこが聞けて満足です!!
1番のNamie's Styleなんかもつぼでした笑笑  
ぜひ手にしてみて下さい!!


安室 奈美恵(あむろ なみえ=本名)
1977年9月20日 生まれ
沖縄県那覇市出身
身長158cm 体重40kg O型

今では多くのタレントを生み出している「沖縄アクターズスクール」の出身の安室奈美恵は、最初は「スーパーモンキーズ」として活動を開始した。
1992年にデビューを果たすが当初はヒットに恵まれなかったが、1995年に安室奈美恵 with スーパーモンキーズ名義でリリースしたシングル「TRY ME ~私を信じて~」で一躍ブレイクする。
次のシングル「太陽のSEASON」からは安室奈美恵ソロ名義となり、ソロとしては同シングルが実質のデビューシングルとなるだろう。
そしてその後は小室哲哉プロデュースの元、一大ムーブメントを起こす活躍を見せる。
生み出したヒット曲は数え切れないほどで、自身初のシングルチャート1位を獲得した「Chase the Chance」(1995年)を皮切りに、「Don't wanna cry」(1996年)「You're my sunshine」(1996年)とシングルチャート1位を連続して獲得、また当時CDセールス全体が好調だったことも後押しになり、軒並みミリオンセールスとなる記録的なセールスを残す。
そして同年、人気絶頂期に発売されたアルバム「SWEET 19 BLUES」(1996年)はアルバムチャート1位、336万枚というモンスターアルバムとなる。
そして1997年には、今でも代表曲とされるシングル「CAN YOU CELEBRATE?」をリリース。230万枚というダブルミリオンを達成する。
当時はシンガーとしてだけでなく、安室奈美恵のファッションを模倣したアムラー現象など、その存在自体が社会現象とも言えるほどのブームを巻き起こした。
その後も人気が衰えることなくヒットシングルを連発、1997年にリリースされた3rdアルバム「Concentration 20」も193万枚の大ヒットを記録した。

小室プロデュースの元大ムーブメントを起こしてきた安室だが、2001年からは小室プロデュースの元を完全に離れることになる。
それとほぼ時を同じくして、それまでPOPS、ダンスミュージックよりだった楽曲も、R&B・HIP HOPよりの楽曲に移行していく。
元々ジャネットジャクソンを敬愛する安室としては、当然の成り行きであり、本来やりたかった方向性により近い方向に向かっていると言えるだろう。
ZEEBRAやDJ HASEBEなどHIP HOPアーティストとの競演も多く、今後もよりその方向性を強めていくと思われる。
本格的なR&Bシンガーとしてどのような成長を見せていくか、今後も楽しみである。

さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
→→→J-POPランキング←←←
ランキングへの投票でお勧めして下さい!
トラックバック
トラックバックURL:
http://jpopwoman.blog93.fc2.com/tb.php/106-08fe6904
| ホームへ |
カテゴリー

最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

jpopgirl

Author:jpopgirl
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。